親和銀行カードローンのメリットとデメリット

親和銀行カードローンのメリットとしてまず第一に挙げられることは、借入限度額が300万円以内であれば収入証明書類の提出が必要ないということです。親和銀行のカードローンを利用できる人の条件は、申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下であり、収入のある人となっています。収入があればパートやアルバイトはもちろんのこと、年金受給者や専業主婦も対象となっています。またカードローンを利用して借りたお金は事業性資金を除けば自由に利用することができます。300万円を超える借入となると収入証明書類の提出が必要となりますが、それ以下であれば本人確認書類として運転免許証やパスポート、外国人登録証明書などを提出するだけで問題ありません。収入証明書類の提出が必要だとわざわざ書類を用意する手間もあり、収入が知られることで心配になる人も多いことでしょう。収入証明書類の提出が必要ないことは大きなメリットと言えます。また月々の返済額は2000円からとなっているため、それほど毎月の家計に影響を及ぼすことはありません。
反対に親和銀行カードローンのデメリットとしては、利用するATMや時間帯により所定のATM利用手数料が発生する場合があることです。カードローンの申し込みや入会金、年会費などは無料ですが、コンビニに設置してあるATMを利用したり、たとえ銀行のATMでも時間帯によっては所定のATM利用手数料が発生することもあります。せっかくお金を返済しようと思っているのに毎回手数料がかかってしまうと、積み重なれば手数料の総額も大きなものになってしまいます。このデメリットを軽減するためにも、できる限り提携ATMを使ったり、時間帯をよく考えて利用するようにしましょう。また親和銀行カードローンは、申し込みを行い即日融資を受けることは難しいです。融資を受けられるまでには最短でも二日間かかってしまうので、急いでお金を用意しなくてはならない人には向いていません。